読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mabulog

このブログは、mabuの平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 あと、部屋は明るくして、 モニターから3メートルは離れて見やがってください。

Installed curl7.32.0 with libcurl-devel

背景 Background

Autoconf、Automakeの最新版をインストールした後に依存関係にあるlibcurl-develをyumで入れようとした所、
デグレしたAutoconf、Automakeを入れようとしたので対応します。

目標 Goal

  • libcurl-develのインストール

環境 Environment

手順 Operation

$ cd /usr/local/src
$ sudo wget http://www.city-fan.org/ftp/contrib/yum-repo/rhel6/x86_64/city-fan.org-release-1-12.rhel6.noarch.rpm
$ sudo rpm --import http://www.city-fan.org/ftp/contrib/yum-repo/CITY-FAN.ORG-GPG-KEY
$ sudo rpm -Uvh city-fan.org-release-1-12.rhel6.noarch.rpm
$ sudo vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
[city-fan.org]
....
#enabled=1
enabled=0

$ sudo yum -y --enablerepo=city-fan.org install libcurl-devel
$ curl --version
curl 7.32.0 (x86_64-redhat-linux-gnu) libcurl/7.32.0 OpenSSL/1.0.0 zlib/1.2.3 c-ares/1.10.0 libidn/1.18 libssh2/1.4.3
Protocols: dict file ftp ftps gopher http https imap imaps ldap ldaps pop3 pop3s rtsp scp sftp smtp smtps telnet tftp
Features: AsynchDNS GSS-Negotiate IDN IPv6 Largefile NTLM NTLM_WB SSL libz Metalink

メモ Memo

通常のyumでインストールした場合、Automake、Autoconfは依存関係でインストールされましたが、
city-fan.orgではインストールされませんでした。 そのため、昨日作成した手順と合わせて作業を行う必要性が残りました。

参考サイト Reference