読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mabulog

このブログは、mabuの平凡な日常を淡々と描く物です。 過度な期待はしないでください。 あと、部屋は明るくして、 モニターから3メートルは離れて見やがってください。

Installed Vim-php-cs-fixer for Vim

背景 Background

Vimプラグイン「syntastic」はインストール済みで
実行前に構文エラーは回避出来るようになりました。
...が、どうせやるならコーディング規約レベルまで落とし込みたい
そう思い調査開始です。

目標 Goal

環境 Environment

手順 Operation

PHP Coding Standards Fixerダウンロード for Linux

$ cd
$ mkdir .vim/phpCsFixer
$ wget http://cs.sensiolabs.org/get/php-cs-fixer.phar -O .vim/phpCsFixer/php-cs-fixer
$ chmod a+x .vim/phpCsFixer/php-cs-fixer

PHP Coding Standards Fixerダウンロード for Mac

$ brew tap josegonzalez/homebrew-php
$ brew install php-cs-fixer

.vimrcの設定

setting vim-php-cs-fixer at .vimrc

感想

コーディング規約を順守してくれるので、慣れれば便利なはずですが、
フレームワークのコーディング規約について考慮されていません。
また、has()関数の否定の書き方が分からなかったため、ダサい書き方になっているのはいつか直します。
とりあえず、これで修正したファイルにコーディング規約を守っていない箇所があれば合わせて直す運用ができそうです。

参考サイト Reference